登場キャラクター


このゲームに登場するキャラクター。
サイバトロン、デストロンそれぞれ2週ほどすれば、おのずと全キャラクターに遭遇し、図鑑が埋まるだろう。

「☆」は、プレイヤーが使用できるキャラクター。


001 コンボイ サイバトロン 総司令官
サイバトロンのリーダーにしてもっとも聡明なトランスフォーマー。地球の生き物を含む全ての生命を守る事こそ彼の使命としており、デストロンとの永きにわたる苦しい戦いにおいてもそれが揺らぐことはない。 メガトロンとはライバル関係にあり、その確執は何百万年も以前からの続いている。
002 マイスター サイバトロン オートボット副官
地球の文化を愛する戦士で豊富な知識も持っている”できる”副官。多才で有能な彼にかかればどんな危険任務でもクールでスマートにこなしてしまう。 当然仲間の信頼も厚く、コンボイの右腕的存在となっている。
003 ホイルジャック サイバトロン オートボット技術者
サイバトロン随一のマッドサイエンティストで、さまざまな新発明や、ラチェットでは手に負えない難しい仲間の治療などを引きうける。 ダイノボットを開発したものの暴走、危うく基地を壊しそうになるなど、その発明品にはなにかと危険が伴う。
004 ハウンド サイバトロン オートボット偵察員
”猟犬”の名が示す通り、彼の鼻はデストロンの悪企みをいち早く察知する。故郷であるセイバートロン以上に、驚異に満ちた地球の自然を愛しており、その気持ちは密かに地球人になりたい、とすら考える程。 得意のホログラムでデストロンを翻弄し、幾度と無く味方のピンチを救った。
005 ラチェット サイバトロン オートボット看護員
そのビーグル形態からわかるように、彼は傷ついた仲間の修理を得意とする衛生兵だ。 その腕前は確かで、なにかと負傷する事が多いサイバトロン戦士達にとってホイルジャックと共に無くてはならない存在となっている。パーティー好き、という一面も持っている。
006 バンブル サイバトロン ミニボット情報員
明るい口調が印象的なムードメーカー的存在。コンボイ達よりも幾分小さい身体をしているが、その分エネルギー効率は高い。 その小ささ故に、潜入など他の戦士には真似できない任務をこなす事ができる。その活動態度はひたむきで、勇気に溢れている。 地球人のスパイクと親友となり常に一緒に行動をしていた。
007 グリムロック   サイバトロン ダイノボット指揮官
恐竜ロボ、ダイノボットのリーダーで、スピードが遅い事を除けば、非の打ち所の無い勇敢で屈強な戦士だ。 ホイルジャックによって生み出された直後、制御できないほどの力を発揮して基地を損壊し、1度はコンボイに封印を命じられた。 しかし改良によって今度は逆にコンボイ達のピンチを救い、汚名を返上して現在に至る。
008 スラージ   サイバトロン ダイノボット密林戦士
恐竜ロボ、ダイノボット一員。信じられない程のパワーと耐久力を持ち、水中や湿地、密林などでの戦闘を得意とする。 知能は決して高くなく、メガトロンにそそのかされコンボイに牙を向いた事もある。
009 スラッグ   サイバトロン ダイノボット火炎戦士
恐竜ロボ、ダイノボット一の喧嘩好きで権威にはけして屈しない性格。 その性格をメガトロンに利用され、同士討ちを計られた事もある。頭突きでの攻撃を得意としている。
010 スナール   サイバトロン ダイノボット砂漠戦士
恐竜ロボ、ダイノボットの寡黙な戦士。背中のプレートはソーラーコネクターで、照りつける砂漠の太陽光線を自分自身のパワーへと変換できる。反面、夜間戦闘は苦手である。
011 スワープ   サイバトロン ダイノボット砲撃戦士
恐竜ロボ、ダイノボット唯一の飛行能力を持った戦士。当然空中戦を得意としている。空からの急降下で敵を威圧し、戦場に恐怖を運ぶ。
012 アイアンハイド   サイバトロン オートボット警備員
屈強なボディを持つタフガイで、マイスターと共にコンボイを護る歴戦のツワモノ。 手首部から状況に応じさまざまな液体を放射し、ソナーやレーダーも備えるなどその活躍の機会は多い。
013 プロール   サイバトロン オートボット戦略家
サイバトロンの中でも屈指の論理中枢を持ち、激しい戦闘の最中でも適確な指示とアドバイスを皆に伝える。
014 ストリーク   サイバトロン オートボット射撃手
ストリークは絶え間無いお喋りで仲間をなごませる人の良い性格のトランスフォーマーだ。 だが戦闘になると、彼は恐るべき射撃の名手へと変貌し、自分の故郷を滅ぼしたデストロン達を8万ボルトの電撃で正確に撃ちぬく。 その心には戦う事を嫌う気持ちと故郷を奪われた恨みとが葛藤となり今も渦巻いている。
015 スモークスクリーン   サイバトロン オートボット戦術家
コンボイから厚い信頼を受けるトランスフォーマー。その名の通り、ビーグルモードでは煙幕を得意とし、敵をかく乱する。 また、ロボットモードでは肩のミサイルで航空機のレーダーや誘導システムを混乱させる事が可能で、航空戦力に乏しいサイバトロンにおいて頼りになる存在となっている。 人当たりが良く、心理的な側面から仲間をサポートする。実はかなりの曲者、という側面も持っている。
016 ランボル   サイバトロン オートボット戦士
サンストリーカーの双子の兄弟で向こう見ずな性格。戦闘で相手を打ち負かす事を楽しみ、必要ならば勝利のために不正な手段も厭わない。 ジェットパックを背中に搭載し、暫定的ながら空を飛ぶ事も可能である。
017 インフェルノ   サイバトロン オートボット救助員
その名のとおり、熱くなりやすい性格で、時として任務より戦闘に熱中してしまう。 セラミックで鎧われた彼の装甲は8000度もの熱に耐え、消化液の放出や、エネルギーを衰退させることが可能な消化ライフル等も装備しており、鎮火・救難活動を行う能力にかけては並の消防車の比ではない。
018 ロディマスコンボイ サイバトロン 総司令官
”ホットロディマス”がコンボイよりマトリクスを継承し生まれた姿で、メガトロンとの戦いの果てに死んだコンボイに代わり、サイバトロンの指揮をとる。 だが、偉大なリーダーであったコンボイの後継者という重圧と責任は彼を苛み、悩ませ続けた。 勇敢で優れた戦術家だが行動を重んじるあまり疑問を後回しにすることがある。
019 ホットロディマス サイバトロン オートボット騎士
ロディマスコンボイがマトリクスを受け取る以前の姿。明日の英雄を夢見る若者で正義感だが衝動的な行動がタマに傷。 コンボイが倒れたのも彼のそういった行動が招いた結果だと見る声もある。 だがもともとは釣りを楽しむなど平穏を愛するトランスフォーマーで、戦士として完璧でないところに彼の魅力があると考えられる。
020 チャー サイバトロン オートボット戦士
ベテランのサイバトロン戦士であらゆる場面で適切な知識・格言を知っておりさまざまな冒険談を持つ。 反面、話が長いためか仲間から相手にされないこともある。航続距離は800マイル。最高速度は時速100マイルに達する。
021 ウルトラマグナス サイバトロン シティコマンダー
勇敢にして公正な軍人。落ちついた判断力と卓越した戦闘技術を持ち、コンボイ亡き後、一度はリーダーになる機会をえるものの程なくロディマスコンボイにその名誉を譲り、以来一戦士としての道を選んでいる。 だが、彼こそがリーダーとしてふさわしいと思う者は少なくない筈だ。
022 スプラング サイバトロン トリプルボット空中防衛戦士
強靭な肉体を持つ冒険家でユーモアにも溢れるトランスフォーマー。 彼の両足は信じられない程の跳躍力を持ちその気になればホッピングのように移動する事も可能だ。
※スーパーカータイプ
023 ※ヘリコプタータイプ
024 アーシー サイバトロン 女性戦士
親切で仲間に優しい女性のトランスフォーマー。だが、いざ戦いとなればその優れた知性と機転で他のトランスフォーマーに引けを取らない活躍を見せる。 また、容姿からくるデストロンの油断も彼女は見透かさずに効果的に利用する。
025 ブラー サイバトロン オートボット情報員
サイバトロン中最速の戦士で、話し方も同様に非常に早い。これは彼が先祖から受け継いできた気質のようだ。 ちなみに最高速度は音速を超える。
026 コンピューティコン   サイバトロン テックボット合体戦士
5体のテックボットが合体して誕生する戦士。身体を構成している各員のデータを統合してから発言する彼の意見は常に正確だ。 強大なパワーに加えてデータ分析、通信、レーダーなど多才な能力を持つ反面、さまざまな情報を統括する為の時間が必要とされ、無防備な状態が生まれてしまう事があり弱点となっている。
027 スキャッターショット   サイバトロン テックボット攻撃指揮官
デストロンを憎み、弾薬が尽きるまで弾を撃ち続けるバーサーカー。 基地モードに変形できる他、他のテックボットと合体してコンピューティコンになる事ができる。
028 ノーズコン   サイバトロン テックボット砲撃員
几帳面でのんびりとした性格のテックボット。頭のデュラビリウム合金製のドリルはあらゆる物質を貫く。 他のテックボットと合体してコンピューティコンになる事ができる。
029 ストレイフ   サイバトロン テックボット狙撃員
射撃の名手である彼は狙いをつけるという事をあまりせずとも、射程距離に入ったあらゆる標的に素早く砲弾を命中させる事ができる。 他のテックボットと合体してコンピューティコンになる事ができる。
030 スカイリンクス   サイバトロン 輸送員
自己中心的な性格で自慢屋。優秀な戦士だが、それを鼻にかけ自分がサイバトロンの中で抜きん出た存在だと奢っている。 恐竜に似た形態をとるが、ダイノボットとは関わりは無い。むしろ知能が低いダイノボット達と同一視される事を嫌がっている。
031 ブロードサイド   サイバトロン トリプルボット空海防衛戦士
水上では船酔い、空中では高所恐怖症に悩まされる、難儀な気質のトランスフォーマー。 その為あまりロボット以外の形態になろうとせず、仲間の悩みの種になっている。
032 ウィーリー   サイバトロン ミニボット生存者
地球に墜落した銀河系殖民団のただ1人の生き残り。スパイクの息子ダニエルと仲良し。
033 レック・ガー   サイバトロン ジャンキオン指揮官
ガラクタや廃物のロボット種族”ジャンキオン”のリーダー。当然彼自身の身体もガラクタに近いパーツや残骸から作り出されたもの。 奇妙なしゃべり方をしており風貌とあいまって独特で異質な雰囲気をかもし出している。
034 クロームドーム サイバトロン ヘッドマスター攻撃指揮官
サイバトロンのヘッドマスター。以前は優秀なプログラマーで、何千年にも渡り研究に没頭していたという。 彼がいた研究所がデストロンに破壊され以後戦列に加わった。結合関係にあるパートナーは”スタイラー”。
035 ブレインストーム サイバトロン ヘッドマスター光子破壊員
ヘッドマスターにしてマッドサイエンティスト。彼の頭脳の中には湯水のように沸くアイデアで溢れかえっている。 結合関係にあるパートナーは”アルケイナ”。
036 ハードヘッド サイバトロン ヘッドマスター地上攻略員
無口で頑固者。彼自身が納得しない命令はきかず、常に自分流のやり方を好む。結合関係にあるパートナーは”デュロス”。
037 ハイブロウ サイバトロン ヘッドマスター電子戦闘員
サイバトロンのヘッドマスター。戦闘は野蛮なものだと考えており、話し合いでの解決を求める。しかしそれは他者を思いやった結論ではなく彼の独り善がりな意見で一方的なものでしかない。 結合関係にあるパートナーは”ゴート”。
038 グロテス サイバトロン ファイヤーボット火炎戦闘員
間抜けな性格のファイヤーボット。目に映る全ての物がジョークに見えるという怖いものしらずだが自分が映った鏡だけは別らしい。 そんな彼だが戦士としての腕前は一流でサーベルタイガー状態での硬い牙はデストロンにとって恐ろしい兵器だ。
039 ダブルクロス サイバトロン ヘッドマスター火炎攻撃員
2つの龍の頭がそれぞれ別々の人格を持つ2人で1人のファイヤーボット。 両人の同意がないと行動が取れない為、言い争いが絶えない。飛行能力を持ち、その鋭い牙で敵を襲う。
040 スペースパンチ   サイバトロン スパイ戦士
デストロン、サイバトロン両者の情報を相手陣営に流し続けている二重スパイ。 この姿はサイバトロンに情報提供をする時のもの。本当の彼の性質は善悪どちらなのだろうか?
041 リパッグ   サイバトロン ファイヤーボット潜伏員
サイバトロンのファイヤーボットで、不気味な姿をしており性格もそれと同じように不快。 サイバトロンを何度か追放されているが、誰も引きうけないような任務をこなしてくれる為、度々召集される。
042 ブランカー   サイバトロン ターゲットマスター陸上攻撃員
何百万年にも渡るトランスフォーマー同士の戦いにいやけがさしている。 言葉は危険だと信じており、発言は最低限に止めいている。
043 サーショット   サイバトロン ターゲットマスター射撃員
射撃の名手で目隠しをしたままでも目標を射抜く腕前を持つ。そうとうな自信家のトランスフォーマー。
044 クロスヘアーズ   サイバトロン ターゲットマスター追撃員
用心深く周到なトランスフォーマーで確実な攻撃を行える確信がない内は発砲を行わない為、弾丸を無駄に使う事は決してない。
045 ライデン   サイバトロン トレインボット重連合体戦士
6体のトレインボットが合体した姿で、ダイナザウラーやプレダキングなど、他の仲間では手におえない巨大な敵に立ち向かう。 仲間や物資の輸送なども引きうける頼りになる存在である。
046 ショウキ   サイバトロン トレインボット高速指揮官
ライデンに合体する6人のトレインボットの1人で彼ら全員のリーダーでもある。合体時には胸部となる。 行動は非常に早く、超高速な戦闘を行い敵を倒す。問題は少しいいかげんなところがある事だ。
047 ユキカゼ   サイバトロン トレインボット豪雪戦闘員
ライデンに合体する6人のトレインボットの1人で合体時には左足となる。 雪上での戦闘には絶対の自信をもっている反面、熱に弱いという弱点もある。
048 スイケン   サイバトロン トレインボット原野戦闘員
ライデンに合体する6人のトレインボットの1人で合体時には左手となる。 悪路に強く、どんなデコボコの路面状況でも平気で戦える。同様に複雑で難しい宇宙航路も、彼なら難なく進む事ができる。
049 カエン   サイバトロン トレインボット重機動戦闘員
ライデンに合体する6人のトレインボットの1人で合体時には胴体部と頭部になる。 トレインボットの中でも1番の力持ち。自分の姿に誇りをもっている。
050 ブラックメガトロン   サイバトロン 戦士
ホイルジャックが彼自慢の物質複製機で生み出したメガトロンのクローン。彼は今回味方のクローンも多数製作し、デストロンに応戦している。
051 メガトロン デストロン 破壊大帝
デストロン軍団のリーダーにして野獣の強さと軍人の狡猾さ、そして冷酷さと恐怖の集合体。 デストロンの宇宙征服を目論み、これまで何百万年にも渡ってコンボイと激しい戦いを繰り広げてきた。 その知力、パワーは強大無比で、彼の弱点は未だに不明である。
052 スタースクリーム デストロン ジェットロン航空参謀
デストロン軍団のリーダーの座を狙う野心家。度々メガトロンを陥れ、亡き者にしようと企む。 ”自分がデストロンの中で最もハンサムだ”などと自惚れるなど、自信過剰でその過信がいつでも彼を失敗へと誘う。 狡猾さとスピードが野蛮な力よりも必要なものだと信じている。
053 サウンドウェーブ デストロン カセットロン情報参謀
胸のデッキ内部に格納したカセットロン(カセットに変形する小さいトランスフォーマー)をつかい諜報活動を行うメガトロンの腹心。 彼のセンサーはとても敏感で、無線通信の傍受はもちろん、相手の頭脳のインパルスをキャッチして心を読む事も可能である。
054 レーザーウェーブ デストロン 防衛参謀
論理的で、冷酷かつ無慈悲なメガトロンの部下。メガトロンに近い銃形態へトランスフォームし、X線や赤外線などあらゆる帯域の電磁波をレーザービームに変換し射出することが可能。
055 ブリッツウィング デストロン トリプルチェンジャー空陸参謀
ロボットから戦闘力の高い2つの形態に変形できる危険なデストロンのトリプルチェンジャー。 好戦的な性格で大口を叩く。時折変形に失敗することがある。
※タンクモード
056 ※ジェットモード
057 アストロトレイン デストロン トリプルチェンジャー輸送参謀
ロボットから2つの形態に変形できる危険なデストロンのトリプルチェンジャー。 ブリッツウィングと違い両形態とも物資や兵員の輸送などを主な仕事としている。
※トレインモード
058 ※シャトルモード
059 ダージ   デストロン ジェットロン航空兵
2発の振動ミサイルを携え爆音を轟かせ空を飛ぶ。その音は聞く者の心に恐怖を覚えさせるという。 性格は陰鬱で、ラムジェットをして「奴は俺をぞっとさせる」と言わしめた程だ。
060 スラスト   デストロン ジェットロン航空兵
ホラ吹きで自信家、しかしその実は臆病という厄介な性格のデストロンの航空兵。 彼は他のジェットロンと違い”VOLT”、つまり垂直離着陸機で、急加速を得意としており、その衝撃はビルをも倒す程だ。
061 ラムジェット   デストロン ジェットロン航空兵
自慢の尖った頭による激突を得意戦法としており、「空は俺様1人の城だ」と公言してはばからない。 衝撃による頭脳回路の故障が危惧されるところである。クラスター爆弾を装備した状態でもマッハ2.8の速度が出せる。
062 キックバック   デストロン インセクトロン諜報工作兵
印象とは裏腹に残忍で冷たい男。彼にとって友人とは密告をしてくれる道具にすぎない。 昆虫形態でのキック力は強力で、1/4インチの鋼鉄の板も蹴破る程である。
063 ボンブシェル   デストロン インセクトロン心理工作兵
”セレブロ・シェル”を相手の頭部に打ち込むことで、ロボットでも人間でも自在にコントロールし、味方に変えることができるおそるべきインセクトロン(昆虫に変形するトランスフォーマー)。 頭部の臼砲で50ポンドの爆弾を8マイル先まで射出する事が可能。
064 シャープネル   デストロン インセクトロン電子工作兵
戦場の喧騒と悲鳴を好む電子の申し子。昆虫形態では触覚で電子機器を操り、集めた稲妻を腕から放電する事が可能だ。
065 スカイワープ   デストロン ジェットロン航空兵
2.5マイル先までのテレポートが可能でこれを使った不意打ちをしかけ、サイバトロンを襲う。 こんな便利な能力があればサイバトロンを倒す事など容易そうだが、賢いタイプでは無い為誰かの指揮がないとその能力は生かされない。熱探知ミサイルを装備している。
066 サンダークラッカー   デストロン ジェットロン航空兵
空を飛べないトランスフォーマーをバカにしている。飛行時には超高速で飛行し周囲にソニックブームを発生させる。 デストロンの主義に完全に同調している訳では無い為、その迷いが任務に支障をきたす事がある。
067 モーターマスター   デストロン スタントロン参謀
「キング・オブ・ロード」となるべく、コンボイを倒す事に執念を燃やす冷酷にして残忍な男。 彼の巨体が時速140マイルで放つ体当たりは、厚さ20フィートのコンクリートを打ち砕くほどの破壊力を持つ。 コンボイとは違いトレーラー部分ごとロボットに変形しているの特徴。メナゾールへの合体時には胴体の大部分を占める存在である。
068 オンスロート   デストロン コンバットロン攻撃参謀
完璧で邪悪な作戦を好むトランスフォーマー。彼は凶暴な戦士でありながら、作戦の立案も担当する。 射程6500マイルの光子ミサイルでサイバトロンを苦しめる。
069 スクラッパー   デストロン ビルドロン建設兵
要塞・エネルギープラント制作の魔術師。ショベル部分は30トンの物を持ち上げる事が可能。 車両タイプのデストロン、”ビルドロン師団”の一員で、合体時にはデバスターの右足となる。
070 ロングハウル   デストロン ビルドロン輸送兵
”ビルドロン師団”の一員。自身に課せられた”輸送”という任務を快く思っていないが、デストロンにとってそれがいかに重要か、ということも同時に理解している。 90トンの荷物を1200マイルもの距離に渡り輸送する事ができる。デバスターへの合体時にはデバスターの要となる胴体へと収まる。
071 ガルバトロン デストロン 新破壊大帝
コンボイとの戦いで深手を負い、宇宙に放置されたメガトロンがユニクロン(惑星クラスの巨大機械生命体)の力によって蘇った姿。 以前にもまして非情な心を持った悪党で、気に入らない行動をとるものには例え同胞であっても容赦無く制裁を加える。 メガトロン時代よりも粗野で乱暴になった印象がある。
072 サイクロナス デストロン ジェットロン航空参謀
余計な感情を持たない冷徹な空の兵士。ユニクロンの手によって、負傷したボンブシェルから生み出された。 ガルバトロンに忠誠を誓うが、彼のあまりにも乱暴な指揮官ぶりには常に頭を悩ませているようだ。
073 スカージ デストロン スウィープス参謀
ガルバトロンの部下で無慈悲な執念深いハンター。サイクロナスと同じく負傷したサンダークラッカーから生み出された。 まったく同じ姿のスウィープスという部下を連れており、行動を共にしている。サイクロナス同様、ガルバトロンの横暴にいつもひどい目を見ている。
074 オクトーン デストロン トリプルトロン補給兵
仲間が燃料切れで苦しむ様を見るのが楽しみで、意味も無くサイバトロンのジャマをして喜ぶなど、邪悪かつ卑劣なトランスフォーマー。
※ジェットモード
075 ※タンカーモード
076 シャークトロン デストロン 死刑執行人
常に徒党を組み、群れで行動する。知能はとても低い様だ。 特徴である鋭利な歯はなんでも噛み砕く程強力。
077 フルチルト デストロン 兵士
本体であるダイナザウラーのサポートメカ。
078 ダイナザウラー   デストロン ダイノベース
破壊のみをその目的とする彼は無慈悲で最も危険な戦闘兵器だ。さまざまな兵器を内臓しその巨体を軽々と20マイルも跳躍させる。 彼の行動は辺り一面を瓦礫の山にするまで止まる事は無い。反面、知能は低くダイノボット以下。 フルチルトとプラントというサポートメカを持っている。
079 プレダキング   デストロン アニマトロン巨重合体兵
5体のアニマトロンが合体して誕生する巨重合体兵。デストロン中もっとも完璧に近い戦闘マシーンで、パワーと敏捷性を兼ね備え、野獣の本能で行動する彼に比肩しうる存在はいない。 しいていえば野獣系戦士の宿命である知能が低い事が弱点。
080 レーザークロー   デストロン アニマトロン参謀
プレダキングに合体する5人のアニマトロンの1人。戦闘を”ビジネス”ととらえ、燃料の浪費などの無駄を嫌う。 その為怠け者だと誤解されがちだが、彼の真価は戦闘時の猛烈な戦闘能力にある。
081 ダイブボム   デストロン アニマトロン空中攻撃兵
プレダキングに合体する5人のアニマトロンの1人。機械のガラクタを集め高層ビルや山の上に巣を作りそこをねぐらにしている。 背中のロケットを使い時速300マイルで空を飛ぶ事が可能。
082 ヘッドストロング   デストロン アニマトロン地上攻撃兵
プレダキングに合体する5人のアニマトロンの1人。その名前の通り頑固もので、他人の言う事には耳をかさない。 実は精神的な痛みに弱く、頑固なのは彼なりの自己防衛手段なのかもしれない。
083 オボミナス   デストロン テラーロン合体兵士
5体のテラートロンが合体して生まれた姿。強大な破壊力をもつ殺戮マシーンで、ビルのような大きな物や船などの動く物をなんでも破壊する。
084 ハングルー   デストロン テラートロン破壊指揮官
オボミナスに合体する5人のテラートロンの1人。その2つの頭で常になにか物を食べており、消化した物体は体内でミサイルに造り変えられ再び吐き出される。
085 リッパースナッパー   デストロン テラートロン破壊指揮官
オボミナスに合体する5人のテラートロンの1人で、進化したあらゆる生物(特にサイバトロン)を嫌い憎しみを抱いている。 あらゆる物を切り裂く爪と牙を持っている。
086 カットスロート   デストロン テラートロン破壊指揮官
オボミナスに合体する5人のテラートロンの1人。無慈悲な性格で破壊にのみその情熱を傾ける。 翼、クチバシ、爪はどれも強力な武器であらゆる物を切り裂く。
087 ウィアードウルフ デストロン ヘッドマスター戦闘指揮官
冷酷な性格の悪党。頭の配線がおかしいのか、いつも1人で奇妙な歌を唄っている。 結合関係にあるパートナーは”モンゾ”。
088 スカル デストロン ヘッドマスター湿原兵
攻撃の前に牙をガチガチと鳴らすくせがあり、仲間に不評を買っている。 結合関係にあるパートナーは”グラックス”。
089 ワイプ デストロン ヘッドマスター催眠術兵
生きているデストロンとの会話より死したデストロンの霊魂との交信を試みるミステリアスなトランスフォーマー。 結合関係にあるパートナーは”ボラス”。
090 スナップドラゴン デストロン ヘッドマスター攻撃兵
3つの形態に変形できるヘッドマスター。とても怠け者、かつ気分屋でもあるため彼をその気にさせるのは至難の技だ。 ジェット機の時は高速で空を飛び、恐竜になった時はその鋭い爪と歯であらゆる物質を切り裂く。 結合関係にあるパートナーは”クランク”。
※恐竜モード
091 ※ジェットモード
092 エイプフェイス デストロン ヘッドマスター戦闘兵
3つの形態に変形できるヘッドマスター。潤滑油の匂いを常に漂わせている。 ゴリラ形態では胸部プレートを叩き、ジェット機の時は妨害電波を発するなど彼の行動は仲間にも敵にも不快感を与える。 結合関係にあるパートナーは”スパズマ”。
※ゴリラモード
093 ※ジェットモード
094 シックスショット デストロン シックスチェンジャー忍者参謀
6つもの形態にトランスフォームできるシックスチェンジャー。様々な姿でサイバトロンを苦しめる変幻自在の殺人鬼だ。
※レーザーガンモード
095 ※ジェットモード
096 ※カーモード
097 ※タンクモード
098 ※ウルフモード
099 スラッグスリンガー   デストロン ターゲットマスター速射兵
背中から相手を狙う事が得意なくせに誰との決闘でも受けて立つと言い放つ自信家。 機首が2つある変わった形のジェット機にトランスフォームする。
100 トリガーハーピー   デストロン ターゲットマスターガンマン
銃声が大好きで、笑いながら自慢の銃を乱射する迷惑なトランスフォーマー。 大きな銃を装備したジェット機にトランスフォームする。
101 ミスファイヤー   デストロン ターゲットマスター追撃兵
彼が射撃を行う時は仲間は流れ弾をさけて物陰に隠れる。 それぐらい彼の射撃の腕前はヘタクソなのだが、本人にその自覚はない。やはり迷惑なトランスフォーマーだ。
102 サウンドブラスター   デストロン カセットロン情報参謀
サウンドウェーブがパワーアップした姿。独特の声質は改善されなかったようだ。
103 ウィングスパン   デストロン クローントロン空中兵士
双子の兄弟戦士クローントロンの片割れ。新しい情報を得る為常に周囲に聞き耳をたてている。視力が良く、敵の罠を容易く見破る。 前から見た姿は兄弟のパウンスとまったく変わらないが、背面が若干違う。
104 パウンス   デストロン クローントロン地上兵士
双子の兄弟戦士クローントロンの片割れ。非情な性格で、犠牲者の悲鳴になど耳を貸すことはない。 前から見た姿は兄弟のウィングスパンとまったく変わらないが、背面が若干違う。
105 バトルトラップ   デストロン ツーインワン合体攻撃兵
2人で1人のトランスフォーマー。彼らは言うなればレスリングのタッグチームだ。 敵を挟み撃ちにし、ふざけながらゆっくりいたぶるのが彼ら流のやり方だ。
106 フライホイール   デストロン ツーインワン合体戦闘兵
2つの人格を持つ事に悩み、常に苦しんでいるトランスフォーマー。 2人はお互いを常に監視している為、彼にとって敵とはむしろ己自身である。
107 ブラックロディマス デストロン 闇騎士(キャバリアー)
メガトロンが作らせたホットロディマスのクローン。自分こそが本物のホットロディマスだと考えている。
108 ブラックコンボイ   デストロン 戦士
メガトロンが作らせたコンボイのクローン。メガトロンは今回こうしたクローン兵士を大量に生み出し、サイバトロンに差し向けている。


戻る