EZコレクション ユナイテッド その2

ラインナップがさほど多くないリヴィール・ザ・シールド。無理にシリーズ分割しなくてもよかったのでは?


WAVE 2

次なるラインナップはプロールとトレイルカッター。


ビークルモード

パトカーを見たらプロールと思え。パトカーなんてすぐにラインナップされそうなモチーフだけど、
実はあんまりいなかったEZコレクション。バリケードと、リカラーのファイヤーチーフのレッドアラートくらい。
ドアのウインドウの後ろ側が塗られてないのが惜しい。ライトは変形!ヘンケイ!版に似ているかも。


トランスフォーム

ボンネットを倒す。後部を開いて脚に。ドアを広げて腕に。昔からよくある変形パターン。
TFトイって、常に色んな変形パターンを大量に生み出しているけど、
こういう普通っぽい変形が出てくると、逆にどうしてしまったのだろうと思ってしまう(笑)
・別に特別な思いはなく、こういう変形にした。
・考えてる時間がないから普通の変形にした。
・コストなどの制限が厳しいためこうするしかなかった。
・あまり経験がない人が担当した。
適当な予想。この中に理由はあるだろうか。


比べてみよう

以前発売されたジャズと同じようなパーツ構成と変形パターン。よくあるパターンのひとつとして並べてみる。
後輪が脚につくか、腕につくか。カカトの形が違うといった差はあるものの、基本は同じ。ネジ穴やビスの場所も同じ。


プロール

G1プロールもリアウインドウが脚の前に位置するため、ジャズよりもらしく見える。

腕が真っ直ぐではなく、少し内側に曲がっているのが珍しく、力強くも見える。


比べてみよう

同じ変形パターンでも、プロールの方が車幅が広く、頭部も大きめなので等身が低く見える。


アクションポーズ

ありがちな変形パターンからも想像できる範囲の可動。


ジャズもだけど

胴体を挟むように腕が畳まれえるので、薄っぺらなのがちょっと残念。


ビークルモード

これまで様々な初代キャラクター(特にオートボット)がリメイクされていく中で、
リメイクどころか同名のキャラも存在しなかったトレイルブレイカーがトレイルカッターとして登場。
それまでは日本で復刻関連が発売しただけ。商品化されない間もコミックスでは結構出番あったと思うのだけどな。
何か壁を乗り越えたのか、その後遅れを取り戻すかのように、ビーストハンターズやジェネレーションズでも登場する。


トランスフォーム

見ての通り、これまたよく見られる変形パターン。
シークレットエンブレムはG1時代はルーフにあったけど、車体後部にあって腕につく形に。
素直にボンネットでもよかったとも思う。


トレイルカッター

がっちり体格。トレイルブレイカーは媒体やシーンによって左腕が銃口になっているけど、普通に拳で造形。
G1トレイルブレイカーと比べようと思ったけど、取り出しが面倒な場所だよアンコール版。


トレイルブレイカーらしさ

ウインドウや目が濃い青で塗られている。G1トイでは目が赤かったけど頭部造形も含めてアニメ寄り。
トレイルブレイカーの代名詞とも言えるフォースフィールド発生装置は後頭部の蓋がそのままなる。




後ろが穴だらけ。特に胴体の大きいボンネット裏が隠れる事なく露出。見栄えはよろしくない。




ボンネットをまるっと折り畳んで胴体にしたら、首の位置が胴体より後ろにあって浮き気味。
いや、胴体だけが前に出過ぎたといった方がいいか。とにかく背中がごっそりなくて首が浮いたような体格。


そのボリュームを背中にまわしておくれ

代わりに足が他のキャラクターに比べてもかなりのボリューム。無駄に接地性もある。
がっちりした体格の表現はよいのだけど、裏側にも少しは気を使って欲しかったかな。


今日はこれまで

EZコレクションでのトレイルブレイカーの復活。長年の待たされてファンは大喜び…か?
たぶんそんないない。だって、EZコレクションだもん。


リストへ