EZコレクション オートボットアライアンス その8

なんでもG1カラーにしたがる風潮。


コンストラクティコン デバステーター

日本で発売されたデバステーターのG1カラーであるオリジンカラー。
それが海外でトイザらスで限定販売。日本のトイ仕様カラーを海外が後発で販売するのは珍しいかも。
同じG1デバステーターを意識したカラーリングではあるけど、結構な違いはあります。


ビークルモード

G1カラーという事で、黄緑色軍団になったメンバー。まずはオーバーロード。
ちなみにG1時代から私は色を統一されたビルドロンたちの区別が苦手でした。


やりすぎじゃん?

日本版との違いとして汚れ塗装が特徴。特に車体の下部は汚れ塗装が顕著。でも、ここまでしなくてもいいと思う。


比べてみよう

赤から黄緑へ。運転席の塗り分けが異なります。G1カラーとは言え、ウィンドウが紫なのは何か違う気もする。


オーバーロード

下部の汚れ塗装が変形後の前面に来るので、汚れた姿で参上。


比べてみよう

リカラー前は赤い体に黄色い目でわかりにくかったけど、今回のリカラーでわかりやすく。画像じゃわからないけど。


ビークルモード

オーバーロードと同じく、黄緑が全体に紫のウインドウ、下部は汚し塗装なミックスマスター。


いや、だからやりすぎじゃん?

相変わらず下部は見えないところまで汚し塗装。もう、ぶわぁーっとやっちゃえ感だったのだろうか。


比べてみよう

車体が黄緑になって、特に気になってなかったグリルなどの未塗装部分が気になり始める。


比べてみよう2

ミックスマスターのG1カラーはボイジャークラスでも海外でトイザらス限定で販売(ホイストとセット)
まぁ、黄緑の車体というところ以外はまるで違うのである。


ミックスマスター

黄緑でこの形だと、何かの植物かと(笑)


比べてみよう

黄緑と灰色の何かが並んでいるようだ(爆)


比べてみよう2

ボイジャークラスのミックスマスターは変形するとボディの紫が目立って全然違う雰囲気に。
顔は通常販売版ではないくしゃくしゃ顔で、そこだけはお揃いになりました。


ビークルモード

やっぱり統一されたイメージでランページ。タイヤや下部、キャタピラに汚れ塗装に執着してたけどブレードは綺麗。


比べてみよう

元々明るい黄色だったので、黄緑色になってもそんなにイメージが変わらない。
まるでダイアクロン版からTF版になったみたい。


ランページ

もう特に語る事はなく、見たまんまで。


比べてみよう

汚れ塗装はいつもとして、顔の塗装が減ってしまったくらいの差。


ビークルモード

それまであった汚し塗装はどこへいったのか。黄緑と白で清潔感のあるスカベンジャー。


比べてみよう

白塗装はそのままの結果ということだろうか。


スカベンジャー

淡い色になって異形ながらもモンスターっぽさが軽減されたのではなかろうか。妖精さんみたいな…え? ない?


比べてみよう

顔の塗装が減ってしまって寂しい。おかげで顔つきにいかつさがなくなりました。いいことかはともかく。


ビークルモード

汚し塗装再び。スクラッパー。


比べてみよう

やっぱりG1カラー成分の紫色がウィンドウにちょっとしか塗られない。塗り分けがしっかりするのは嬉しいのだけど。


スクラッパー

とっても黄緑色です。


比べてみよう

目の塗装パターンが変化し、ゴーグルタイプからツインアイへと変わったのがポイント。塗り間違えじゃないよね?


ビークルモード

元々緑色のロングハウルが黄緑になって登場。


比べてみよう

緑っぷりはこのくらい違う。


ロングハウル

黄緑色です。スクラッパーもそうですが、変形後の塗装場所が減っているのです。


比べてみよう

膝、腰、胸と、かなり塗装が減らされました。


ビークルモード

材質と金型の関係なのか、グレーが多めのハイタワー。


比べてみよう

いつもと同じパターンの変更。


ハイタワー

他のキャラよりもグレーが多いので重機成分が多い。メカニカルな雰囲気。


比べてみよう

顔が塗られなくなって、顔ナシ、又は周りのフレームが顔か何かに見えるかも。


コンストラクティコン

コンストラクティコン7体は合体する事でデバステーターになるのだッ!


デバステーター

統一カラー。顔も黄緑のまんま。G1カラーと言うには紫が少ない。別にG1カラーと名前についてる訳ではないけど。


今日はこれまで

比較画像を用意するのも忘れて特に語れる事もなく終わる。


リストへ