EZコレクション オートボットアライアンス その7

ひっそり発売。


ザ・ラヴィッジ・インフィルトレーション

アメリカでターゲット限定販売の予定だったものの発売されず、
結局、イギリスのスーパー、セインズベリーズのみの販売となったセットボックス。
ジオラマ風の梱包は多くあれど、段差や坂道など疑っているおかげで他のセットものより取り出しにくい。
内容はフラック、ロールバー、ラヴィッジ、N.E.S.T.フィギュア3体のセット。
しかし、箱からだとどっちがフラックでどっちがロールバーかわからない(なんとなく想像つくけどさ)


エントリーモード

このセットボックスは劇中でのラヴィッジが降下してのオールスパーク強奪シーンをイメージ。
もちろん実際のシーンではそこにオートボットは誰もいなかった。
上部はシルバーっぽく塗装。青がかっているのは降下地点の水をイメージしているのかもしれない。


比べてみよう

塗装パターンは大きく変化。先端部の赤塗装の追加はまるで目のようになってサメっぽく見える。


ラヴィッジ

爪もグレーになったので、とにかく切れ味がありそうな雰囲気に。


比べてみよう

色の明暗の違いからか、それぞれ破壊力と殺傷力に秀でていそう。


比べてみよう

そして持ってきたのはデラックスクラスのシーアタックラヴィッジ。
大体同じような感じでつくられているのがわかる。
シーアタックの方は軟質パーツがメタリックにできず、水色っぽいグレーなのが安っぽい印象を与えているかも。


組み間違い

手前が今回のタイプ。尻尾の先端が逆に取り付けられています。
実際のラヴィッジのデザインからすると今までの奥の方が正解。
パッケージもこうなので、盛大に間違えたのか、こういう風にあえてしたのかは謎。
デザインや鋭いイメージの強さから、こういうのもアリに思えるものです。
ちなみに組み直したければ、引っこ抜いて入れ直すだけなので簡単。


むしろなぜこれだけ発売されたのか

パッケージにも紹介されている上海の追走劇をイメージしたサイドウェイズ・スネーク・アタックは未発売。
他にもメガトロン復活のメガトロン・ライジングもイベントでサンプルが紹介されたのに未発売となってしまう。
全部リカラーではあるけど、アーシーたち三姉妹をそろえるチャンスを失ってしまったのが心残り。


今日はこれまで

どういう訳かコレだけ世に出る事ができたセット。
発売された場所が場所なだけに手に入れるのが面倒なのでいっそ発売してくれなくても(おい)
そして、いつのものようにレジェンズクラス以外はスルーして終了するのであった。


リストへ