EZコレクション リベンジ その5

劇中キャラクター次々登場と同時に、穴埋めのようなオリジナルカラーも次々登場。



WAVE5

パワーアーマーオプティマスプライム、ブルースチールサイドスワイプ、オートボット ウィーリー、サウンドウェーブ。
名前の前に何かを付けた、水増し的なバリエーションが再び。やはり半分は侵食している。


ビークルモード

パワーアーマーオプティマスプライム。何がどうパワーアーマーなのか、いつものように設定が何もないので謎。
そして、イメージがあまり変わっていないと来ました。どっちがいいのでしょうね。
「あんまり変えすぎたらオプティマスじゃない」と「どうせなら思いっきり変えろ」というふたつの考えがぶつかりそう。

パワーアーマーといえば、ファストアクションバトラーにもその名前がありますが、
これはそのうちまたこのコーナーで出番があると思います。いつになるやら。


比べてみよう

通常のオプティマスと何が違うかというと、全体的に色が暗くなりました。
赤や青の部分が暗いのに対して、グレーの部分が明るいので、いまいちまとまりがなく見えなくもない。


パワーアーマー オプティマスプライム

色が暗くなっただけではなく、大きく変わったところがひとつあります。


比べてみよう

はい。手足の赤青が逆なりました。意図は全くわかりませんが。
あとは腹回りが黒くなってますね。この部分がパワーアーマーなのだろうか。


ビークルモード

何が起こったのか、ブルースチールサイドスワイプ。
ボンネットの一部にシルバーが吹きかけてありますが、サイドスワイプの元の色がシルバーだと考えれば。
何かが起きて水色に変化したという事なのだろうか。皆様、想像して楽しみましょう。


比べてみよう

名前の通り青い。車体が青くなると、ウインドウが青でかぶるのためかシルバーに。
ボンネットのシルバー吹きかけで、ヘッドライトの塗装が消滅。


ブルースチール サイドスワイプ

ピンとこないかもしれませんが、青いです。青いのです。


比べてみよう

エンブレムの位置、胴体の塗装の色が変更。
なんといっても足のタイヤが黒く塗られて、タイヤに見えやすくなりました。


ビークルモード

ビークルと言う表現が微妙な気もするラジコンカーのウィーリー。
劇中ではホィーリーと呼ばれて、統一感がない。


うしろ

荷台には思いっきり顔が出ていて、見栄え悪し。
でも悪いと思えるところはこれくらいで、とても完成度が高いものと思っております。


比べてみよう

こうして見ると、タイヤの位置やバランスが結構違いますね。
なんだかインチアップのイグニッション前後を見ているかのよう(?)
EZコレクション版の方が、イメージに合っていると思う。


トランスフォーム

箱を開くように胴体と頭を広げる。シンプルながら、これまでに見なかった変形パターン。


ウィーリー

生きた爆弾参上。元々小型キャラクターなので、今回のEZコレクション版はとってもありがたいと思う。
でも、みんなと並んで戦ったりするキャラクターではないので、あんまり人気ないのかなと思ったり。


アクションポーズ

肩がほとんど固定状態かつ、脚が微妙に邪魔なので、あんまり動かない板のような腕。
ボンネット部分がカカトになるので、簡単に倒れそうになく見えるけど、そうでもなく。


比べてみよう

元のウィーリーは同価格帯と比べても大きいで有名。
EZコレクション版より変形が複雑で、あちこち動いて完成するのだけど、
正直、シンプルなEZコレクション版の方がイメージがあっていて、かわいいと思う。
何だろうこの差。元の方のパッと見、顔に見えない顔が悪いのかな。色分けのせい?


サテライトモード

正直、今になっても完成系がよくわからないサウンドウェーブ。
劇中とも元のデラックスクラスとも異なるデザインと言える。


こんにちは

サテライトモード特有の特有の顔。なぜか水色一色で塗られています。


裏側

無理して頭部つけなくても、裏側に変形後の頭があるのだから、
共有できなかったのか、共有でよかったのではないかと思える。どうせ隠しきれないのだし。


比べてみよう

羽がごちゃごちゃして見にくくなってしまったけど、デザイン違いすぎとはわかる。
EZコレクションは、中心部が綺麗な円柱に変形してくれたけど、頑張るところを間違えているような?


目標はデラックスクラス

こうやって変形した方が似ているんじゃないか?という変形。
まぁ、何が正しいか曖昧なので、変形すべき本来の姿が掴みにくい。


トランスフォーム

中心部の円柱が開いて腕に、パネルで覆い隠すように胴体が変形。


サウンドウェーブ

とってもボリュームある姿に。色彩が多くて派手。贅沢な感じがしますね。
リベンジ劇中では変形していないので、似ているかは何とも言えない。


アクションポーズ

腕がよく動き、羽もボールジョイントで角度をつけれるので、ハッタリのきいた派手なポーズが可能。
下半身とかはいつものEZコレクションのレベルなのですけどね。
あとは首がボールジョイントになっているがポイント。表情がよくつけられます。


比べてみよう

そのまま潰してデフォルメしたようで、いい雰囲気。
これで特徴の胸の円盤まで塗り分けられていたら…と、さらに言うのは贅沢?


今日はこれまで

元となったトイより面白い部分も出しつつ増えるEZコレクション。
どんどん増える劇中登場キャラクター。


リストへ