EZコレクション リベンジ その2

実写映画版EZコレクションシリーズ、ディセプティコンも本格的に登場。



WAVE2

オートボットラチェット、サイドスワイプ、メガトロン、スタースクリームの登場。
ラチェットとスタースクリームは前作のリカラー。


ビークルモード

前作からデザインの変更のないラチェットだけど、リカラーされての登場。
それはそうとして、この色は一体どこから出てきた色なのか、全く理解できない。
考えられるとしたら、砂漠が舞台のためのその色なのだろうけど、それにしたって不自然。


ラチェット

ボイジャークラスのラチェットも前作のリカラーで、デザートトラッカーラチェットとなっている。
しかし、このラチェットとは比べるまでもない別物のリカラー。何がしたかったのだろうか。
オリジナルのかっこよさを追求した結果なのだろうか。


ビークルモード

今回のラインナップで新キャラとなるサイドスワイプ。
低い車高と独特なラインもEZコレクションなりに再現。


比べてみよう

車体全体が銀塗装されているデラックスクラス。真似しようにも、EZコレクションには手が届かない話。
そのためか、グレーはグレーでも気持ち薄めの設定。


トランスフォーム

デラックスクラスと同じようなパーツ配置で変形。
薄くて細かい外装の変形は無理なため、ボンネット部分はそのまま脚に。なので、太めのデザインになってしまう。


サイドスワイプ

脚が太くなるだけならまだしも、余計な外装も一緒についてしまうため、
なんだか脚の形が妙な向きになっているように見えてしまうのが惜しい。
逆に、上半身はうまくまとまっていて、外装のドア部分を剣に配置する事で、無駄なパーツにならないよう回避。


モールドをみればわかる

腕についた四角いドアだけど、しっかり剣のデザインがされているのがわかる。
ちゃんと剣の形にして欲しい気持ちもあるけど、小さくて細くなるので、強度や安全度を考えればちょうどいいか?

脚はボンネットの影響で大きな塊になってしまっているけれど、
特徴である逆関節や車輪の脚のデザインがちゃんとある。車輪が微妙に凹んでいるというか欠けているけど、
サイズがサイズなだけにそんなに気にならない?
脚が車輪のようにカーブしていて、ちゃんとカカトを変形させて立たせる細かさは好感触。


アクションポーズ

膝が曲がるようだけど、変形の都合で曲がっているだけであって、
本来のデザインからすればそこは膝ではない場所。
そういう事もあって、あまり動けるものでもなく。


比べてみよう

元々サイドスワイプは胸のデザインが、他のキャラに比べてぐちゃぐちゃカーブしてたり、割れていないので、
EZコレクションでも再現しやすく、剣やタイヤといった上半身のパーツ配置が同じなので、イメージがよいです。


ビークルモード

ビークルが前作より変化したがために、新規で登場メガトロン様。
車体と異なって、上の砲台部分が塗られていないため、浮いているように見えてしまうかも。


こんにちは

メガトロン様はビークルモードの時、下から顔を覗かせているのですが、
EZコレクション版もしっかり健在。小さくて潰れ気味で、特に塗られていないので目立ちませんが、
用意されている事に喜びを感じるのです。


比べてみよう

リーダークラス版は音声ギミックを乗せているせいもあって、高さがかなりあります。
それに比べてEZコレクション版は薄いので、劇中イメージに近い方になっています。
他にも、細かい変形をしない割り切りなので、キャタピラ周りのカバーなども、デザインが違いますね。


トランスフォーム

立たせます。


メガトロン

がに股なのが気になるところではありますが、横に広い分、力強さはあります。
前作が細身すぎたというのもありますけど。
腕は砲身そのまま。もう少し短い方がありがたいけど、ビークルのバランスを考えると難しいところ。


アクションポーズ

手足が開かず、前に向ける事ぐらいしかできず。
膝は変形の都合で動くけれども、変形メインのため、曲げるとなんだか変な位置で曲がる事に。


比べてみよう

リーダークラス版も変形が複雑ではないため、パーツ配置やデザインは近いものがあります。
実写映画キャラは情報量の多さが決め手になるところがあるので、元々エイリアンデザインのメガトロン様は、
変形前後でデザインのイメージが大きく違わないので、やりやすいかもしれない。
それでも脚の簡略化が目立ってしまうのは仕方ないか。


ビークルモード

ビークルモードに変化はなくとも、エイリアンタトゥー効果で印象ががらりと変化したスタースクリーム。
戦闘機ファンからすると、この柄はどう思われるのだろう。


比べてみよう

簡略されつつも再現されたタトゥー。
色合いも異なりますが、キャノピーの色は黄色でよかったと思ったり。


比べてみよう2

こうやって見ていきますと、なんだかどのスタスクも色が違う印象。
グレーかブロンズか。どちら寄りにするかが大きな分かれ道。


スタースクリーム

白っぽくなったために、平べったさに磨きがかかったように見えなくもない。


比べてみよう

塗装パターンが大きく変化。胸周りの黒塗装は、モールドを潰しているようでもったいなく感じなくもない。


今日はこれまで

ちょっとパーツ配置やモールドに追求してみた今回。
意外と変形パターンが元トイを踏襲しているのが多く、
そして、似ているレベルに達するための秘訣にはそこにあるのかもしれない。
ただし、ラチェットは除く。


リストへ