EZコレクション リベンジ その1

実写映画版EZコレクションシリーズ、リベンジとなって再び登場。



WAVE1

EZコレクションもリベンジとなって登場。第1弾は全て新規設計という華麗なるスタートとなる。
オプティマスプライム、バンブルビー、オートボットスプリンガー、ジェットファイアー。
この中でオプティマスプライムは、トイ発売解禁の池袋トイザらスでのイベントで、
TF購入者へパッケージにステッカーが貼られたものが配布されたけど、もちろん持っていない。


ビークルモード

新規に設計されたオプティマスプライム。
前作の完成度に納得いかなかったと言うのであろうか。
ちなみ私は納得できなかった(おい)


比べてみよう

前作のEZコレクションと比較。まず大きくなりました。いや、前が妙に小さかった。
排気管は今回、変形用ヒンジも兼ねているため、かなり大きくなっています。
変形の都合と塗装の関係でビークル側面がグレーになっているのが今回のマイナスかな。
色は明るくなりましたが、これ辺の好みは人によりけりか。


トランスフォーム

前作のEZコレクションとは全く別物として新設計された今回ですが、
変形のパーツの移動は、前作のリーダークラスのオプティマスに近いから不思議なものです。


オプティマスプライム

すらっとしたスタイル。似ているかと言えば微妙な気がしますが、どこが悪いとはっきりと言えない自分。
変形の都合でできた脚の空洞や、長すぎ&太くなりすぎている腕が気になるところ。
腕はともかくとして、脚をもうちょっとなんとかできればなぁ。なんとかなりそうに思えるのに。


アクションポーズ

膝を除けば、基本的な関節が可動するのだから、これは優秀な部類ですね。


比べてみよう

うわぁ…。こうして見比べると前作のが悪夢に思えてきました(こら)
なぜに同じロボットを目標としてデザインしてるのに、見事に赤と青が反転しているのよ。


ビークルモード

次をどれにしようか迷いつつ、ジェットファイアーを選択。
ジェットファイアーの商品は多くあれど、パッケージがディセプティコンなのはこの海外EZコレクション版のみ。
EZコレクション版は他のジェットファイアーよりも比較的早めに発売されたため、
ネタバレ回避の狙いでもあったのかな。


比べてみよう

わかりやすいのは、機体胴体の長さ。小さすぎて、本来の全体的な細長い印象がないですね。


比べてみよう

腕部分が同じ位置に配置され、着陸脚も同じ場所に再現されているのは狙ったのか偶然なのか。
どっちにしろ、腕だけでなく着陸脚まで用意されているのが流石。動かないので接地しませんけど。


トランスフォーム

オリジナルとは胴体の割れ方が全然違う変形パターン。
純粋に変形の動きだけならEZコレクション版の方が面白く感じます。


ジェットファイアー

意外と胴体が短くて脚が長い。そんなスタイルもあって、杖にちゃんとなっている着陸脚は地面に届かず。
いや、膝をもっと曲げれば着くことは着きますが。ちなみに杖は腕を一体型の完全固定。
劇中のジェットファイアーは細身なので、このシルエットはイメージに近いように思えます。




黒いのでアップ。髭のせいもあって、ボリュームある顔。
実はビークルモードで後ろから見ると、顔がモロ見えなのが残念なのですが、黒いからわかりにくてよい?
胴体も変形の都合上、中心に空洞ができてしまっているのですが、黒いから(以下略)


比べてみよう

前にしか動かない脚など、アクションポーズの画像をすっかり忘れて比較画像へ(えー)
なぜか妙に青いリーダークラス版に対し、黒とグレーのEZコレクション版。
リーダークラス版は胴体に電池やサウンドギミックを内蔵しているのでボリュームが違いすぎますね。


みんなが知ってる説明書にないこと

劇中、オプティマスとジェットファイアーは合体し、ジェットパワーオプティマスへと変化。
数多くのオプティマストイが発売されているけど、合体可能なのはリーダークラスと、このEZコレクションのみ。
EZコレクションは発売が早かった事もあり、これで合体の盛り上がりを保っていた人も多い…かもしれない。


説明書にないので自分流で

合体と言っても、EZコレクション版はオプティマスの背中にジェットファイアーを接続するのみ。
まぁ、このサイズと価格、そしてオマケという事もあってこれはあるだけ喜ぶべき事。
私の場合、画像のようにジェットファイアーの脚を軽く広げてボリューム感と劇中のデザインを意識してます。


アクションポーズ

オプティマス本体に影響は特にないので、可動はそのまま引き継ぐ事に。
この合体の場合、ジェットファイアーの機首が支えにもなるので、無理なポーズも自立可能でございます。


ビークルモード

実写映画ですっかり知名度や人気を確立したバンブルビー。
またバンブルビーかよと思う事なかれ。前作では旧カマロでのEZコレクションしかなく、
コンセプトカマロのEZコレクションはこれが初めて。なので、これで前作デザインのビークルがEZコレクションでそろう。


比べてみよう

なんとなくEZコレクション版の方がデフォルメが強くて、丸くてボリュームあるように見えます。


比べてみよう2

リベンジ版、EZコレクション、前作版。
バンパーの形はリベンジ版なのですが、黒成分が足りなくて、塗り分けが前作の方に近くなっていますね。


トランスフォーム

旧カマロの時は、肩関節が独特でしたが、今回は普通に素直な変形に。


バンブルビー

簡易変形にしてしまうと、どうしても胸がボンネットそのままになってしまう。
ボンネットが割れているデザインが実写映画TFらしさでもあると思うのですが、現実的にはやはり厳しいか。


たまに侮れない

細かい塗装。トイ全般にも言えますが、気合があるところとないところの差が大きい気がしないでもない。


アクションポーズ

変形パターンから想像できるであろう、いつもの可動レベル。


比べてみよう

そういえば、EZコレクションのバンブルビーって、フレームが黒ですね。なんででしょう。


ビークルモード

新戦士、オートボット スプリンガーの登場。スプリンガーってこのEZコレクションの他に、
ロボットヒーローズでも立体化されているから、てっきり映画に登場するのかと当時思ってましたよ。
確か、タカラトミーの資料に映画登場予定みたいな感じに書かれていたから、スタッフも勘違いしてた?のかな?
プロペラが回転。上に向ける事もできますが、なぜかユルユル設計なので、上向きで固定できない仕様。


ひらめき力はない

「5PR1N63R」の文字。つまり「SPRINGER」です。
こういうの解読する人って、よく思いつくなと思います。いや、これは私にもわかりましたけど。


トランスフォーム

中心からふたつに割るように変形。


スプリンガー

オスプレイから変形し、腕にはプロペラ。前作のインシネレーターでもよかったのではないだろうか。
というか、なんかポジションを奪われたようなインシネレーターが哀れにも思える。そんな事ない?


アクションポーズ

腕を下すように変形したため、肩が前に向かず、せっかくのプロペラを大きく向ける事ができないのが残念。
逆関節で長い脚も股と足首しか動かないけれど、爪状の脚のおかげか、なんだか安定してます。


今日はこれまで

どれも新規発売、合体や新キャラといった、他にはあまりない要素が詰まっていて楽しい今回。
オートボットにしか思えないジェットファイアーのおかげで、なんだかオートボットだらけですが、
次回にようやく本格登場、ディセプティコン。


リストへ