EZコレクション ユニバース その7

クラシックスシリーズから入手してきた人には、ある達成感が得られます。



エアリアル・ライバルズ

海外のターゲット限定で販売されたEZコレクションの5体セット。スペシャル・チーム・リーダーズ。
シルバーボルト、ホットゾーン、スキャッターショット、ハングル―、レーザークロー。
初代、2010時代の合体戦士チームのリーダーたちをモチーフとしており、
クラシックシリーズに発売されたメナソー、オンスロートを持っていれば、綺麗にそろうことになる。


ビークルモード

ギャラクシーフォースのサンダークラッカーのリカラー、シルバーボルト。
同じ飛行機とは言え、戦闘機と大型旅客機とではモチーフの差がありすぎてピンとこない。


比べてみよう

シルエットが大きく異なり、翼には赤いライン。
もしかしたら、この赤いラインを引くことで白い翼を後ろ方にして形状をオリジナルに近づけようとしてるのかも。
苦しいのには変わりないですが。


シルバーボルト

わかってはいましたが、シルバーボルトには厳しいか。


比べてみよう

旧トイの特徴でもあるゴールドがあるので、トイに慣れている側の人なら意外と接点は多いかもしれない。
元のシルバーボルトのデザインを考えれば、顔は真っ白でもよかったかもしれないけど、やっぱ寂しいかも。


エアーボット

クラシックスシリーズ、前回のエアリアル・ライバルズからエアーボットメンバーをそろえてみる。
あとはスリングショットだけなのですが、残念。
いや、既存の色違いだけでここまでそろえられた方が不思議かもしれない。


ビークルモード

ギャラクシーフォースのギャラクシーコンボイのリカラー、ホットゾーン。
いわゆるホットスポットですが、名前が使用不可能というよくある大人の事情。
タイタニウム版もホットゾーンになりました。


比べてみよう

青い消防車を見たらホットスポットとしか思えないというほど、日本では馴染みのない消防車。
並べてみると、EZコレクション版は色が薄い事に気づかされました。
はしごがないのは仕方ない。ギャラクシーコンボイ時代からの悩みなのだから。


ホットゾーン

アニメだとホットスポットって、口だったりマスクだったりで訳わからないですが、
EZコレクションじゃないギャラクシーコンボイの色違いでホットスポットを発売すれば、
両方を再現できるのではなかろうか! すみません、思いつきです。


比べてみよう

実は忠実に再現しようとしているんだと思いますね。
他のキャラもですが、アニメではなくトイをオリジナルに考えているので並べてわかります。
特にシール部分の胸や膝などの再現がなるほど。


ビークルモード

ギャラクシーフォースのベクタープライムのリカラー、スキャッターショット。
元祖スキャッターショットって、謎の未来ビークルだからどうするのかと思ったらベクタープライムですか。
すごく納得した自分が悔しい(何)


並べてみよう

雰囲気は出てるかもしれないけど、そんな似てはいないだろうと思っていたら、意外と似てた(爆)
翼部分がソーラーのようなパーツのままという違いがあったりしますが、ボディは色的に合ってます。
ビークルモードで顔が出たままで残念なEZコレクション版ですが、オリジナル版と比べてみると、
機首のちょうどスイッチ部分になっているのがずるい(笑)


スキャッターショット

こういう配色のベクタープライムもアリのように思えて来ました(そっちかよ)


比べてみよう

変形すると配色のバランスは流石に崩れますが、思ったより崩れていないという印象。
ビークルモードの時も思いましたが、胸の塗装が赤に近すぎているのでが、そんなに赤くしなくてよいと思った。


パッケージ

気になったのがパッケージ裏のスキャッターショット。なぜか腕が曲げれているという。
こういうパッケージでは試作品を使って実際と異なるっていうのはよくありますが、
すでにベクタープライムとして発売して、その色違いのスキャッターショットでこうなるってどういう事よ。
実はベクタープライムの写真を加工してスキャッターショットとして使っていたり?


ビーストモード

ギャラクシーフォースのフレイムコンボイのリカラー、ハングルー。
そうだよね。それしかないよね。
ハングルーという事もあって、画像はもうイグニッションで首を増えた状態にしてます。
いいよね。もう3度目だもの。


比べてみよう

今、比較すべき画像アングルを間違えている事に気づきました。
多くの人は、色んな画像を用意してアップする画像をチョイスしていそうですが、
気ままな私は基本一発でバンバンやっていくので、この画像でいきます(ダメだこりゃ)
胴体と手足で紫色の部分が異なりますが、角?鱗?を紫にした結果でしょう。
首の数が違いますが、多ければいいんです。ですよね?


ハングルー

やっぱりこのトイは写真にすると見栄えが悪くなる気がします。私のセンスの問題の可能性が高いですが。


比べてみよう

ビースト頭部が紫色だったのは変形後のイメージのためだったのでしょうね。
肩の黄色い塗装は意味があるのか理解できないです。オリジナル?


ビーストモード

ギャラクシーフォースのライガージャックのリカラー、レーザークロー。
クローが裏表逆に取り付けられて、展開された状態がデフォルトとされています。


イグニッション

オリジナル版はなんだかちじこまっていて、かわいい感じになっておりますが、
EZコレクション版はスマートで、同じライオンタイプでも違いを大きく感じます。


比べてみよう

そもそもこのライガージャック色違いレーザークローが登場したのは、BOTCON2006のコミックスが初。
それを元ネタとしてEZコレクションでも発売され、BOTCON2009でライガージャックの色違いが発売されるという、
あまりない経緯での流れになってます…という事で並べてみました。
脚の赤い部分が大きな違いとしてよくわかりますね。
エンブレムは本来はプレダコン(BWデストロン)なのですが、EZコレクション版は
あくまでG1リーダー集合カテゴリーという事もあってか、G1デストロンエンブレムになっています。


レーザークロー

立たせるだけの変形は、珍しくもG1オリジナル変形よりもシンプル。


比べてみよう

胸にライオンの頭というデザインの一致という事もあって、実に忠実な印象。
変形パターンが違くとも、手足が別のものに変わる訳ではないので、似ている結果に。


レーザークロー

BOTCON版は頭部が新規に作り起こされてます。レオプライム(ライオコンボイ)の顔では不満だったのか。
いや、新規になる事はありがたいですが、他のキャラの頭部を新規にしなくていいのかなと。
色はビースト時と同じく赤い手足が目立ってしまうかな。
コミックスを見ると、肩が赤くて腕が黒い様子ですが…あれ? 両方とも違う?


今日はこれまで

合体チームの各リーダーがそろうことになった今回。クラシックスから買ってた人には朗報です。
「チームがそろっている訳ではない」「合体できないのにリーダーがそろっても意味がない」
そんな考えはお断りです(にやり)


リストへ