EZコレクション ユニバース その6

限定品はいつもなら適当ですが、キャラクターが続々登場するのでいつも通りやろう。



エアリアル・ライバルズ

海外のターゲット限定で販売されたEZコレクションの5体セット。エアリアル・ライバルズ。
そのタイトル通り、航空戦力のTFたちの対決セットとなっている。
ストア限定なので新規トイはなく、すべて既存のリカラーでキャラクターを再現するといういつもの無茶仕様。
エアレイド、スカイダイブ、ブレイズ、ラムジェット、スラストが集結。


ビークルモード

ギャラクシーフォースのサウンドウェーブのリカラー、エアレイド。
Air Raidは日本ではエアライダーだの、エアロレードだので表記されていて、
海外名と一緒にするつもりでそういうカタカナ表記したのか、変えた結果なのかよくわからない。
変えた結果ならせめて統一してくれよと思わずにいられない。


比べてみよう

初代エアーボットのエアライダーが頭に浮かびそうですが、
カラーリングや変形モチーフからして、G2のサイバージェットのエアロレードが元ネタと見ていいでしょう。
特に翼の水色塗装の再現にコダワリを感じマス。


エアレイド

ビークルモードは似ていたけれど、当然ながら変形パターンはまるで違います。


比べてみよう

サイバージェット系は顔が全部マスクに覆われたようなクリアイエローで一色なのと同じように、
EZコレクション版も顔が黄色に塗られていますね。
比べて思うことは、なぜに胸を白くしたのだろう。


ビークルモード

ギャラクシーフォースのドレッドロックのリカラー、スカイダイブ。
先のエアレイドと同じく初代エアーボットを意識したチョイス。
しかし、輸送機というのは似合わないかもしれない。リカラーだから選択肢が限られるからしょうがないけど。


比べてみよう

青いカラーリングからして、G2版のスカイダイブだろうと思い込んで並べてみました。
エアレイドのようにサイバージェットではなく、元祖の再販版。
それでもエアレイドと同じようにG2でそろえようとしたのだろうか。


スカイダイブ

グレーに薄い青。なんだか霞んで見えるような気も。全体的に薄い色。


比べてみよう

色がなんとなく似ているとしか言えないいつものパターン。


ビークルモード

ギャラクシーフォースのライブコンボイのリカラーでオートボットブレイズ。
つまるところ、初代プロテクトボットのグレイズ。
ヘリコプターだからという、ただそれだけであろう理由。
航空戦力の乏しいサイバトロンなので駆り出された感じがしてならない。
それでもデストロンより多く、3対2となっているこのセットが不思議な気もする。


並べてみよう

ボイジャーサイズでも発売のブレイズ。EZコレクション版は薄い赤に白で、ボイジャー版は赤に黒。
元祖のカラーリングを考えると、EZコレクションの方がマッチしているのでしょう。
でも、水色のラインはどこから登場したのかは謎。元祖をモチーフに再現したいのかオリジナルにしたいのか。
アレンジのさじ加減は難しい。


オートボット ブレイズ

正直、ビークルモードの時点でもグレイズとわかるかも怪しいのに。


比べてみよう

黒い方が引き締まって見えるな…と言っては元祖グレイズに申し訳ないか。


ビークルモード

ギャラクシーフォースのスタースクリームのリカラーで初代ラムジェット。
ジェットロン系はネタに困らなくて便利。
ユニバースでラムジェットと言えば、ボットコン版で違うのもいるので紛らわしい。
(ギャラクシーフォースのその5で紹介)


ラムジェット

何と比べる訳もなく変形。初代ラムジェットと比べるべきだったかな。
気ままにいい加減にやってます。


イグニッション

せっかくなのでイグニッション状態というか、武器展開状態。
元のトイの完成度が高いのでよいものです。


ビークルモード

いよいよ最後となる5体目。ギャラクシーフォースのスタースクリームのリカラーで初代スラスト。
先のラムジェットと合わせれば元祖ジェットロンの三角頭メンバーが増える。
そして残りのひとり、ダージのEZコレクションは出ないで、ボイジャー版では発売するという半端っぷり。


トランスフォーム

比べるのはギャラクシーフォースのスタースクリーム。スラストではなく、スタースクリーム。
当時からスラストな色にしか思えなかったけれど、こうなってしまってはもうスラストだ。

ちなみにギャラクシーフォースのスタースクリームはアメリカなんかでは、
大きいスーパースタースクリームが発売され、ボイジャーサイズではこの色のがトイザらス限定で
ベクタープライムとセットで販売されたのみ。そんなんでいいのだろうか。


スラスト

なんだか画像では赤が実物より明るくなってしまいました。


イグニッション

ギャラクシーフォース時代のスカイワープなどと並べるとよいかもしれませんね。


比べてみよう

胴体にシルバー成分が少ないですが、明らかに意識しているであろう配色なのはわかります。


今日はこれまで

エアーボットやジェットロンのメンバーが登場して、他で発売していたもので足りないメンバーが補完された感じ。
完全ではないですが、「あの時のキャラと並べたくなる」メンバーが増えたのは楽しい。


リストへ