EZコレクション ギャラクシーフォース その4

ついに終焉を迎えるギャラクシーフォースのEZコレクション。いい加減にきままに追っていきましょう。



WAVE4

第四弾はオプティマスプライム、ホットショット、サンストーム、サンダークラッカーの4体。
リカラーがほとんどで、新作と言えるのはサンダークラッカーのみになっております。


ビークルモード

まずはオプティマスプライムことギャラクシーコンボイ。
このカラーリングはリーダーサイズで販売されたギャラクシーフォース・オプティマスプライムのカラーリング。
でもEZ版では名称はオプティマスプライムのままです。


トランスフォーム

比較画像を用意せぬままトランスフォーム。持っているんですが、取り出すのがアレだったので…。
持ってますよ? 嘘ついてませんよ? 持ってなかったら持ってない言いますって。


オプティマスプライム

考えなしで始めたので海外名で書けばいいのか、日本名で書けばいいのかわからなくなってきました。
さて、青い部分が黒くなって落ち着いた感じに。肩にプラネットフォースのある惑星のマークがあるのが特徴。
リーダーサイズやデラックスサイズ(マイクロン伝説のリカラー)のオプティマス同様です。うーん、ややこしい。


ビークルモード

デラックスクラスではエクセリオンと発売されましたが、EZ版では名称はホットショットのまま。
それにしても、赤すぎて画像だと色がトンでしまって、真っ赤に…。


比べてみよう

日本ではエクシリオンのレッドバージョンがDVD限定で販売されましたが、これはエクセリオン(画像)カラーです。
エクシリオンだのエクセリオンだの、相変わらずややこしい。


イグニッション

特に語ることなくイグニッション。


トランスフォーム

特に語ることなくトランスフォーム。


ホットショット

画質のせいもあるのですが、目にキツイ感じがするカラーリング。


比べてみよう

黒っぽい部分が少ないんじゃないかと思っていたのですが、そうでもなかったです。頭とつま先くらいですかね。
でも、なんだか印象が違う感じを受ける。良い悪いとかじゃなく。


ビークルモード

このシリーズでは完全に新キャラクターとなるサンストーム。いわゆるスタスクのオレンジ色のヤツです。
スペックの数値こそ設定されていますが、プロフィール等は書かれていないので、完全に謎のキャラ。
個人で設定をつけて遊んであげましょう。


トランスフォーム

イグニッションの画像を忘れましたが、まぁ、いいや。


サンストーム

海外はよくサンストームというキャラを出しますね。元々は日本の限定トイで初登場したキャラなのに。
当時はムリヤリ生み出したキャラ設定にブーイングを聞きましたが、今ではサンストーム出してくれとさえ目にする。
時代は変わるものですね(しみじみ)


イグニッション

当然スタースクリームと同様。キャラは未設定ですが、スーパースタースクリーム仕様なのに違和感を覚えるので、
やっぱ両方剣の方がいいな…と、言い出したらキリがなくなってしまう。なぜならリカラーはまだまだ存在するから…。


ビークルモード

リカラーだらけの中でついに新作サンダークラッカー。
初期に登場しておいて、デラックスクラスでありながなら、なぜに今コイツなのかと思わなくもない。
まー、サイバトロンばかりになるし、他に適任者があまり思いつかないですけどね。


比べてみよう

腕こそ見えてしまってますが、よい再現度。機体上部にポツンとあるデストロンマークが目立ちますが、
海外版のサンダークラッカーもここにマークがあるので、忠実な再現なのですよ。


イグニッション

ビークルモードから武器のサンダーヘルが出現…するのですが、銃口のモールドも何もないので、
「ただ開いただけ」にしか見えないという悲しさ。でも、この開く部分、変形に関係ないので、
イグニッションのために、わざわざ用意されたものなのですよ。
開くと顔が見えてしまいますが、デラックスクラスの元トイと同じなので、忠実に再現(苦笑)


トランスフォーム

本来は先のイグニッション用の武器部分が腕のところに来るのですが、EZ版はそこは全く変形せず。
代わりに下部にあったもうひとつの同じイグニッション用の武器が腕になってきます。
つまり、本来同じ武器なのですが、ビークル用と人型用で別々に用意されている訳ですね。


サンダークラッカー

どことなく、かわいい。
後に色々なリカラーが出ますが、これが1番かわいい気がします。
元トイのようにミサイル発射はできないので、銃口を再現。こんな形だったっけ?


イグニッション

イグニッション…といっても、元々ただの銃なので、特に変化はありません。
それよりも、元トイでは銃がそのまま左腕だったのに対し、EZ版では銃はあくまで腕についている装備であり、
左手がちゃんと用意されているのが特徴。元トイとは違う路線で突き進んだのが珍しい。


アクションポーズ

肩のボールジョイントが動くくらいで、ほとんど棒立ちです。
でもかわいいから、まぁ、いいやと思うのは私だけだろうか。


比べてみよう

元のデラックスサイズはかわいいとは思えないのですよねー。
何が違うのでしょう。脚が細すぎるのがいけないのかな。


今日はこれまで

リカラーばかり、それもアニメで登場していないもの、はたまた元トイが存在しないサンストームが登場。
EZコレクションはEZコレクションの世界を生み出しているのかもしれません。
元トイの世界にないキャラと無下に扱わず、EZコレクションからも世界が広がる可能性を持っているのでした。


リストへ